私たちの活動について

1.難民のへの物資・教育支援

今すでに難民となっている人たちへの支援です。亡命後に必要となる英語教育に特に力を入れています。



インドにあるチベット難民の英語学校。本来であれば働かなければならない年齢の人達が対象です。言葉の違う国では職にありつくのも容易ではありません。 人々は、ここで英語を学び、社会に羽ばたいていきます。

授業が終わった夜は、教室を利用して、現地を訪れた外国人に対し、チベットの問題の啓発活動を行っています。



タイにあるビルマ難民の英語学校。ここでも英語を教えています。ここの子供達の中には、タイ政府から難民認定を受けられず、不法滞在の身になっている人もいます。 そういう子供達は、安定した環境を求めて、第三国を目指します。第三国を目指すには英語が重要になってきます。

【難民の人たちの声】
  • ここで私たちに色々と教えてくれてありがとうございます。あなたのことはずっと忘れません。もう一度感謝の言葉を表します。またすぐに戻って来て、私たちに色々教えてください。
  • 貴重な時間を割いて私たちに長い間教えてくださったことに感謝しています。あなたが私の先生であったこと、私があなたの生徒であったことをとても嬉しく思っています。 これからもチベット人の支援を続けてください。また、会いましょう。また英語を教えてください。
  • 日本人のとても優しい先生に会いました。私たちに英語を教えてくださったことにとても感謝しています。また会える日を楽しみにしています。


  • 2.難民の発生原因・状況の調査

    今すでに難民となっている人の支援も大事です。しかし、それだけでは彼らは永久に故郷に戻れません。彼らの故郷を彼らが安全に暮らせる場所にしなければなりません。そのためには、彼らが直面している問題の認知度を上げることが、問題解決の第一歩だと考えています。難民に関して得られた情報を、書籍・講演会・ブログ等で発信しています。

    私たちの出版物はこちら

    3.難民が使う英語教材の提供

     子供たちは将来に備え、英語を学んでいます。しかしながら、教材が不足しているのが現状です。そこで、日本語の絵本を英語に翻訳し、 子供たちに英語教材として提供します。

    4.難民問題に関する日本での啓発活動

    チベット・ビルマを中心とした難民問題に関する講演会を行い、平和の大切さを訴えます。「愛の反対は無関心」とマザー・テレサは言いました。関心を持って下さる方を増やすべく日々活動しています。

    講演会の詳細はこちら

    活動報告はこちら


    inserted by FC2 system