イベントのご案内

2016年度のイベントはこちら

【3月4日@名古屋】国際協力セミナー『チベット難民の今2018 今同じ地球の上で起きていること』

3月4日に名古屋で、国際協力セミナー『チベット難民の今 〜今同じ地球の上で起きていること〜』を行います。


【内容】

この8年間支援活動を展開してきたチベット本土、インドのチベット難民街の様子をお届けします。

『標高5千メートルのヒマラヤを徒歩で超えて亡命しました。亡命後は栄養失調です。』

 


『チベット人にインタビューして映画化した夫は6年間投獄されました。しかし、2017年末亡命を果たし、ついに家族が再会しました。』


『亡命先で暮らす難民の私達にも夢があります。』

その他、
・激しい弾圧に耐えかねて焼身自殺した140人以上の人たち
・お金よりも難民の窮状の情報拡散を訴える人々
・13年間不当投獄され獄中死したチベットの高僧テンジン・デレク・リンポチェの姪ニマ・ラモ(2016年に亡命に成功)への独占インタビュー
・チベット亡命政権ロブサン・センゲ首相への独占インタビュー

 日本ではほとんど報じられない、難民の人たちの真実の姿をお伝えします。

 同じ地球の上で起きていること、一緒に考えてみませんか?

 また、東日本大震災の被災者の方に向けて、チベット難民の方からたくさんの励ましのメッセージをいただいています。行ったこともない国のことを心から心配してくれしました。このメッセージもあわせて紹介します。

 


【日時】

2018年3月4日(日)午後2時30分〜4時(午後2時開場)


【場所】

名古屋市市民活動推進センター集会室
(愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク デザインセンタービル6階)
地下鉄「栄」駅7,8番出口より徒歩7分、地下鉄「矢場町」駅5,6番出口より徒歩5分
地図はこちら

 


【講演者】

亀田浩史(難民支援NGO “Dream for Children”代表)

 旅の最中に出会った難民たちの姿に胸を痛め、難民支援NGO“Dream for Children”を設立。チベットからインドに亡命したばかりの人が暮らしていけるよう、英語・コンピュータ教育を実施。こでまでに、1,000人以上を指導。同時に、人々が亡命を余儀なくされる原因を探るべく、聞き取り活動を行い、情報発信を行っている。
 著書「だから僕らは旅に出る」(共著)、訳書「暗闇に差した光」、「尋問の記憶」、「故郷を追われるチベット人遊牧民」、「チベット人女性の悲劇」でチベット人が直面している問題を紹介している。

 


【参加費】

 無料



【お申し込み】

こちら からお申し込みください。
※当日空席があれば当日参加も可能です。


【過去の参加者のご感想】
●現地の人の実際の声は非常に心に突き刺さります。講演の中にそういったものが取り上げられており、よりリアルに世界で今も起こっていることなのだと感じました。

●講演を聞いて、まず大きな衝撃を受けました。同じ空の下で生きている人間で、こんなにも差があるものだとは思いませんでした。多くの人が犠牲になっているチベット・・・、僕にも何かできることはないだろうか・・・、と講演中ずっと考えていました。チベットの治安はまだ悪いですが、よくなることを願っています。なぜ人間はみな平等ではないのだろう・・・。僕にとって色々考えさせられた講演でした。

●チベットの難民はかわいそうだと思いました。自由があるといいね、と思います。世界にはチベットの人々のような人がたくさんいると思うと、何かしてあげたいと思いました。授業で初めて泣きました。

 


みなさまのお越しをお待ちしています!

 

 

【1月7日@名古屋・栄】990点満点講師の難民チャリティー TOEIC 文法セミナー

収益の全額を難民支援にあてる TOEIC 文法セミナーのご案内です。
難民の支援を行いながら、新年のスタートダッシュでライバルに差を付けましょう!

 

【日時】
 2018年1月7日(日)午後2時〜4時30分
 (午後1時30分開場)

 

【場所】
 名古屋市市民活動推進センター集会室
 (愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク デザインセンタービル6階)
 地下鉄「栄」駅7,8番出口より徒歩7分、地下鉄「矢場町」駅5,6番出口より徒歩5分

 

【内容】
 TOEIC Part5 の文法に特化した演習セミナーです。新形式になってから出題されたポイントのみを扱いますので、効率よく学べます。

 新形式になってから Part 7の分量が増え、時間内に解き終わるのが難しくなりました。文法を速く解いて、Part 7 に時間を残すのが大事です。ただ解けるだけでなく、速く解くための方法も解説します。

[教材]
 新形式移行後のTOEICRTEST公開テストで出題されたポイントのみに焦点を当てたオリジナル問題を使用します。
※過去の文法セミナーと一部重複する問題があります

[当日の流れ]
 時間の許す限り、演習⇒解説を繰り返します。
 解説では、その問題の解説だけでなく、関連事項の説明も行います。

 

【こんな方におすすめ】
・TOEIC の文法問題に苦手意識がある方

・英会話はある程度できるが、Part 5, 6 の文法問題で間違ってしまう方
  ⇒ 使っている英語がブロークン、あるいは、
    限られた範囲の文法項目しか使っていないことが原因です。

・リーディングセクションで時間切れになる方
  ⇒ まず、Part5, 6を速く解けるようにしましょう。

・自分が使っている問題集と実際のTOEICの問題がずれているように感じる方
  ⇒ TOEIC の出題傾向は徐々に変わっていきます。
    昔は出題されていたが今は出題されない問題、
    最近出題されるようになった問題もあります。
    効率のいい勉強には、最新の傾向の把握が重要です。

・難民支援に興味がある方

 

【講師】
 亀田浩史(難民支援NGO "Dream for Children" 代表、名古屋英語特訓道場代表)
[略歴]
 地方無名校から東京大学へ進学。理系ならではの分析力を活かし、学生時代に海外経験なしでTOEIC 980点 を取得。
(現在、英検1級、TOEIC990点。TOEIC990点取得回数は2桁。)
訳書4冊。

 


【受講料】(当日受付でお支払いください)
 5,000円(オリジナル教材[演習問題、解答、解説、文法のまとめ]費込)

 ※収益は全額難民支援活動にあてられます。

 

【持参物】
 ・筆記用具
 ・腕時計

 

※お申込みページは名古屋英語特訓道場のページです。 

※予定人数に達し次第締め切ります。

 

【主催】
 難民支援NGO “Dream for Children”、名古屋英語特訓道場

 

みなさまのお越しを心からお待ち申し上げております。

 

【8月24, 25日】チベット難民が暮らすインドのダラムサラを訪ねるスタディーツアー

下記のとおり、インドのチベット難民街ダラムサラを訪ねるスタディーツアーを実施します。



【日程】
2017年8月24日(木), 25 日(金)


【内容】
  チベット難民が暮らすインドの(アッパー)ダラムサラを訪ね、チベット難民が亡命を余儀なくされた理由、亡命後の暮らしについて学びます。
  ※スタディーツアー中は日本語での説明・日本語通訳がつきます)。
  ※日本発着ツアーではなく、現地集合・解散で、現地のご案内をする形になります。
  ※参加いただけるのは難民支援NGO "Dream for Children" 会員の方のみです。
 ※お申込みいただいた時点でこちらに同意したものとします。


【料金】
 ・2017年8月時点で会員の方:10,000円
 ・2017年8月時点で会員でない方:15,000円
  (うち5,000円は年会費にあてさせて頂きます。)
 [料金に含まれるもの]
  スタディーツアー中の交通費、訪問場所訪問代・入場料
  ※訪問する組織にはあらかじめ謝礼を渡していますが、
   当日案内を担当してくれた人にはチップをお願いします。
 [料金に含まれないもの]
  日本からアッパーダラムサラまでの交通費(往復とも)、現地宿泊費、食事代


【申し込み(7月30日まで)】
 dream.for.children.japan@gmail.com までご連絡ください。

・メール件名
 「スタディーツアー参加」
・メール本文
 参加者氏名

折り返し入金方法をご連絡しますので、ご入金ください。
※7月31日以降のお申込みは対応できる場合はお受けしますが、
 お断りする可能性もあります。
※一部の日程のみに参加されたい場合は、ご相談ください。


【集合場所(両日とも)】
 インドのアッパーダラムサラのメインスクエア(現地集合です)
 ※両日とも午前10時集合

詳細はこちらをご覧ください。

みなさまのご参加をお待ちしております!

 

 

inserted by FC2 system