難民支援NGO Dream for Children ~チベットとビルマの難民支援






チベット難民発生の原因

 チベット難民発生の原因は、20世紀に遡ります。1949年、中華人民共和国が成立すると、中国政府はチベットに軍を送りました。その後、中国政府によるチベット人への民族弾圧・宗教弾圧が続いています。1959年にチベット人の指導者ダライ・ラマ14世が亡命してから、今もなお多くのチベット人が亡命しています。

チベットで起きていること

1.宗教の自由がありません。

チベット人の大多数はチベット仏教を信仰しています。チベット仏教のトップに立つのがノーベル平和賞受賞者でもあるダライ・ラマです。 しかしながら、チベット本土では、 ダライ・ラマの写真を所持しているだけでも逮捕されてしまいます。2008年には、ダライ・ラマの写真を所持していた15歳の少年に懲役刑が科されました。 また、近年、僧院を中心として、「ダライ・ラマは悪」とする「再教育」が行われています。 再教育を拒否した僧侶には、頻繁に懲役刑が科されます。

[パンチェン・ラマ11世について]
 チベット仏教序列第2位にあたるパンチェン・ラマにも問題が起きています。1995年、ダライ・ラマ14世は6歳の少年ゲンドゥン・チューキ・ニマをパンチェン・ラマ11世と認定しました。その直後、パンチェン・ラマ11世は家族もろとも中国政府に拉致され、今も拉致されたままです。中国政府は、別人をパンチェン・ラマ11世として擁立し、操り人形にしています。

世界に唯一残っているパンチェン・ラマ11世の写真


2.チベット語での教育が制限されています。

チベット本土では学校の数は増えていますが、学校でチベット語を学ぶことは難しいです。中国政府は、学校では中国語を教える方針を推進しています。このような中、塾をつくってチベット語を教えようとするチベット人もいますが、彼らもしばしば逮捕されています。

亡命したての人の中には、中国語の読み書きはできるのに、チベット語の読み書きはできない人もいます。


3.強制不妊手術が横行しています。

若い女性に対して強制不妊手術が施されることがあります。一方、中国政府は、対外的には、「少数民族には一人っ子政策を適用せず、優遇している。」としています。


4.不当な逮捕が行われています。

上記のような問題に抗議すれば、すかさず逮捕されます。裁判では、チベット語の陳述が受け入れられることはほとんどなく、不当に有罪判決が下されます。 現在チベットでは約7,000人のチベット人が刑務所に入っていると推定されます(※チベット本土のチベット人の人口は約600万人)。

2008年にチベット本土でチベット人に対するインタビューを行い、映画化しただけで逮捕されたドンドゥプ・ワンチェンという 映画監督がいます。彼の妻、ラモ・ツォは「インタビューをして映画化するだけで逮捕されるということが、他の国ではありえるのでしょうか? 」と夫の逮捕の不当性を訴えています。
※ドンドゥプ・ワンチェンはその後釈放され、亡命に成功しました。 (ラモ・ツォへのインタビューはこちら)

[ラモ・ツォと代表亀田浩史]


5.刑務所内で拷問が常態化しています。

逮捕された場合、ただ刑務所に入るだけではありません。拷問が待ち受けています。拷問は、手錠をかけたまま天井から吊るす、 高圧電流を発生する電気棒を口や女性器に入れる、野犬をけしかける、など非人道的なものです。

【24歳で逮捕され、12年間拷問を受け続けたチベット人尼僧リンジン・チョーニの話】
釈放されて家に戻ったとき、家族を含めて村の誰もが私が誰だか認識できませんでした。拷問で私の姿・形は変わり果てていたのです。 (拙書「暗闇に差した光」にリンジン・チョーニの話の詳細があります。)

【13年間不当投獄され獄中死した高僧テンジン・デレク・リンポチェの姪ニマ・ラモの話】
私は叔父のことを世界に伝えるために亡命したのです。チベットに残してきた家族の身の安全より、真実の方が大事なのです。 (拙書「弾圧で引き裂かれた家族」は、テンジン・デレク・リンポチェとニマ・ラモについての書籍です。)

[ニマ・ラモと代表亀田浩史]


6.通信が監視されています。

上記のような深刻な問題は海外にはなかなか知られません。チベット人の電話・メールはが中国政府から監視されているからです。中国政府が内容に問題があると判断すれば、逮捕されます。 

【海外にメールを送信して逮捕されたチベット人ラクトゥンの話】
 2008年3月のチベット人の抗議活動の際、私は抗議活動の様子をメールで海外の友人に送信しました。その後、警察がやってきて私は逮捕されました。そして、2ヶ月間拷問を受け、左目はほとんど見えなくなってしまいました。
(ラクトゥンへのインタビューはこちら)


7.チベット人がパスポートを取得するのは困難です。

以上のような厳しい状況のため、海外に逃れようとするチベット人は後を絶ちません。しかし、チベット人がパスポートを取得するのは難しく、亡命の道を進むことになります。
Copyright(C)難民支援NGO Dream for Children
inserted by FC2 system